EUの厳しい基準をすべて満たした「生きたままの自然な水」

EUと日本では、ミネラルウォーターの基準が大きく異なります。たとえば、日本では全てのミネラルウォーターに殺菌処理が義務づけられているのに対し、EUでは逆に「殺菌しないこと」が義務づけられているのです。なぜなら、殺菌のためとはいえ、加熱すると水の組成が変わり、本来の水が持つミネラルやおいしさのもとともいえる酸素や炭酸ガスが失われてしまうからです。

エビアンはEUの定める厳しい基準をすべて満たした"ナチュラル"ミネラルウォーター。ヨーロッパで、この"ナチュラル"を冠することができるのは、水源の環境からボトリング、成分まで、非常に厳しい条件を満たした「生きたままの自然な水」だけなのです。

EUと日本の「ナチュラルミネラルウォーター」基準の違い
EUの基準※1※2 1. 水源があらゆる汚染から完全に隔離、保護された地下水であること 2. ミネラル成分や採水時の温度が一定であること 3. 採水地で直接ボトリングされていること 4. 殺菌処理など一切の加工をせずに自然のままであること 5. 健康に良いと認められていること
日本の基準※3 1.  特定の水源より採水された地下水のうち、鉱化された地下水( 地下で滞留または移動中にミネラル成分が溶解した地下水) 2.  ろ過、沈殿及び熱殺菌の処理のみを行ったもの
※1 CODEXによるEUの「ナチュラルミネラルウォーター」の基準より。 ※2 CODEXは、消費者の健康の保護、食品の公正な貿易の確保等を目的として、1962年にFAO及びWHOにより設置された国際的な政府間機関であり、国際食品規格の作成等を行っています。 ※3 農林水産省による日本の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」より。

地球上にわずか1%の希少な水を、大事に瞬時にボトリング

地球上の水のうち、飲むことができるのは約2%。そのうち一切の処理をせずに飲むことができる「ナチュラルミネラルウォーター」はわずか1%以下。ナチュラルミネラルウォーターはとても希少な水なのです。

エビアンは地中の天然フィルターを長い年月をかけてめぐり、不純物が取り除かれると同時に豊富なミネラル成分を与えられた、ナチュラルミネラルウォーター。エビアンの工場では、この水質とミネラル成分を変えないために、一瞬たりとも外気に触れることなく、水源から直接ボトリングしています。

また、工場では40人のチームを構成し、三交代制で24時間体制の品質チェックを続けています。その安全性の高さから、フランスでは赤ちゃんに飲ませたり、ミルクを溶かすのにも使われているほど。

自然の恵みをそのままに、エビアンは高い品質を保っているのです。

地球上の水のうち、一切の処理をせずに飲むことができる「ナチュラルミネラルウォーター」はわずか1%以下。とても希少な水なのです。

エビアンは地中の天然フィルターを長い年月をかけてめぐり、不純物が取り除かれると同時に豊富なミネラル成分を与えられた、ナチュラルミネラルウォーター。エビアンの工場では、この水質とミネラル成分を変えないために、一瞬たりとも外気に触れることなく、水源から直接ボトリングしています。

また、工場では、三交代制で24時間体制の品質チェックを続け、自然の恵みをそのままに、エビアンは高い品質を保っているのです。

  • 製品ラインナップ
  • Live young channel
  • オンラインショップ