エビアン Webサイト

湿地について学ぼう!

ラムサール条約とワイズユース

1971年、イランのカスピ海湖畔の町ラムサールで、湿地の保全と賢明な利用を目的として、採択されたのが「ラムサール条約」です。現在、世界で159ヶ国が加入しています。(2010年9月現在)日本は、1980年に「ラムサール条約」に加入しました。

ラムサール条約を支える三つの柱
ワイズユースの考え方
ワイズユースと日本での実例

失われていく生物多様性 | 生物多様性という言葉をご存知でしょうか?今、多くの生物が絶滅に追い込まれています。