エビアン Webサイト

 

フレンチアルプスのふところで守られ育まれた希少な水

「エビアンの歴史」あなたのお手元に届いたエビアンは、どのように生まれ、どのように育まれてきたかを、5つのクイズを通して学んでみましょう。

Q1. フランスにあるエビアンの採水地と同じ緯度の都市は?

  • 1. 白馬
  • 2. 出雲
  • 3. 稚内
「答え:3. 稚内」<フレンチアルプスが育てた水>ご存知の方も多いと思いますが、エビアンの採水地はフランスのエビアン・レバンという場所にあります。ここはスイスとの国境近く、レマン湖のほとりにある湖畔の小さな街です。尚、出雲市はevian市の姉妹都市です。両市は「美しい水と美しい自然」という共通点のもと、2002年に文化観光友好都市協定を締結しました。

Q2. エビアンが発売された時、日本で起こっていた事は?

  • 1. 大塩平八郎の乱
  • 2. 普通選挙開始
  • 3. 桜田門外の変
「答え:1. 大塩平八郎の乱」<200年以上も前から愛される水>1789年、エビアンの源泉である、「カシャの泉」の水をドゥ・レセール侯爵が飲み続け、癒されたという事で有名になったエビアンの水は、1826年に陶器のジャグにナチュラルミネラルウォーター「エビアン」として売りだされました。その歴史は200年にもなります。

Q3. フレンチアルプスの地層を水が流れる距離は1年でどのくらいでしょうか?

  • 1. 皇居1周分
  • 2. 新幹線の長さひとつ分
  • 3. 陸上トラック1周分
「答え:2. 新幹線の長さひとつ分」<ゆっくりと天然のフィルターをくぐりぬけた水>フレンチアルプスに降り注いだ雪や雨は、1年に200~300mの早さで流れ、約15年の歳月をかけてエビアンの水源に流れていきます。つまり、今私たちが飲んでいるエビアンは約15年以上もの間、フレンチアルプスの恩恵を受けた水なのです。

Q4. エビアンになる水は、どのくらい前に形成された地層を流れてくるのでしょうか?

  • 1.   5万年前
  • 2.   5千年前
  • 3.   1万年前
「答え:1.   5万年前」<200年以上の歴史を持つ、エビアン>フレンチアルプスに降り積もった雪や雨は、氷河期に形成された地層の中を流れて、ミネラル分を吸収し、カルシウムとマグネシウムのグッドバランスが生まれます。

Q5. エビアンのような水「ナチュラルミネラルウォーター」と呼ばれるものは地球上で何%あるのでしょうか?

  • 1.   1%
  • 2.   3%
  • 3.   1%以下
「答え:3.   1%以下」<フレンチアルプスが生んだ奇跡>地球上の水分の97.5%を占める海水に対し、氷河・地層水は2%、地下水はわずか1%です。  更に、その1%以下の一部が、ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれる水なのです。