水と健康子どもは大人以上に水分が必要!

子どもの体は水分が出て行きやすくなっているため、大人以上に水分を必要とします。子どもは小さな体に関わらず、大人と同じ数の汗せんを持っているので、相対的に汗をかく量も多くなります。1日に必要な水分量は、幼いときほど多く、体重1kg当たりで、新生児では50~120ml、乳児で120~ 150ml、幼児なら90~100ml、学童で60~80mlが必要です。一方、成人の場合、40~50mlで充分です。学童でも大人の倍近くの水分を必要としており、体重20kgの子どもは、毎日1.2ℓ~1.6ℓの水分が必要です。

スポーツの世界で既に行われている水分補給の方法、「ウォーターローディング」は、子どもの健康にも役立ちます。水をこまめに飲むことは、大人にもおすすめです。

参考文献
『水の健康学』(新潮社)
『藤田式ウォーターレシピ』(主婦の友社)
『知られざる水の「超」能力』(講談社+α新書)
著者:藤田紘一郎

このページをシェアする

  • 製品ラインナップ
  • Live young channel
  • オンラインショップ