水のまめ知識ミネラルウォーターのラベルの見方が知りたい!

コンビニでもスーパーでも、たくさんのミネラルウォーターが販売されているので、何を選んでよいか迷ってしまいます。みなさんはどうやって選んでいますか?デザインで買う人も多いでしょう。ミネラルウォーターにはすべてラベルが貼られています。そこからいろんな情報を知ることができるので、選ぶ手がかりのひとつになります。

「品名」や「名称」
表記は違いますが、農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」により、下記の4つに分類。
・ナチュラルミネラルウォーター
・ナチュラルウォーター
・ミネラルウォーター
・ボトルドウォーター

原材料がどんな水なのか
農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」により、下記の7つに分類。
・鉱水:ポンプなどで採水したミネラルを含む地下水
・鉱泉水:水温25℃未満でミネラルを含み自噴している地下水
・伏流水:浅い地下水
・湧き水:自噴している地下水
・浅井戸水:浅い井戸水
・深井戸水;深い井戸水
・温泉水:水温25℃以上でミネラルを含み自噴している地下水

ミネラルウォーターが製造された国名

原料水の採水した地名

加熱殺菌、オゾン殺菌、紫外線殺菌など、殺菌処理の方法
ヨーロッパ産のものは、非殺菌が多い。

未開封の状態で保存可能な日付

水の中に含まれる成分の名前と分量
一般的には、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムの4種類が記載される。
詳細は「ナトリウムやカリウムも大事なミネラル。水でバランスよくミネラルを摂取しよう」をご一読ください。

水の硬度
水に含まれるカルシウムとマグネシウムの比率(=硬度)を表示。
詳細は、「ミネラル量と水の硬度、硬水と軟水の違い」をご一読ください。

原材料の水の酸度
ph7.0が中性で、数値が少ないほど酸性に近く、高いほどアルカリ性に近い。
詳細は「水の酸性とアルカリ性を知れば、効果的に水を利用できる」をご一読ください。

以上の情報が記載されていますが、硬度、pH、栄養成分などを見て、体調に合わせて選ぶといいでしょう。

参考文献
『水の健康学』(新潮社)
『ミネラルウォーターの処方箋』(日東書院)
著者:藤田紘一郎

このページをシェアする

  • 製品ラインナップ
  • Live young channel
  • オンラインショップ