水と暮らし夏場は汗、冬場は乾燥に注意して水分補給

人間は、発汗により体温を調節しています。また栄養分を運搬したり、いらなくなった老廃物を排出したりするのも水の重要な役目です。

夏は他の季節に比べて汗をたくさんかきます。暑い時に汗をかくのは体温を下げるためです。汗をかいて体内の水が不足すると体温が上昇し、のどが渇きます。そうすると、水分の補給を要求します。しかし、高齢になると水分が不足した状態でも、のどの渇きを強く覚えなくなるので注意が必要です。「のどが渇きすぎた状態」になってしまうと、水分が吸収しにくくなるので、汗をかいたと感じたら、こまめに水分を補給しましょう。時間を決めて水分補給するのも良い方法でしょう。

もちろん、冬場でも体は汗をかいています。あまりのどが渇かないからと水分補給を怠っていると、体が冷えてしまいます。常温の水で水分補給を心がけましょう。また、冬場はのども乾燥しやすいので、水分が必要です。食欲が減ると、食物から摂れる水分量が減るので水分が不足しがちです。食欲がないときも、水分は摂るようにしましょう。

参考文献
『水の健康学』(新潮社) 著者:藤田紘一郎

このページをシェアする

  • 製品ラインナップ
  • Live young channel
  • オンラインショップ