プラスチック使⽤において 100%「資源循環型」ブランドをめざす「エビアン®」 2020 年 3 ⽉より、⽇本でもリサイクルプラスチック使⽤率 10%のペットボトルを導⼊ ⽬標は 2025 年までにリサイクルプラスチック使⽤率 100%

2020.2.12

フレンチアルプス⽣まれのナチュラルミネラルウォーターブランド「エビアン®」(伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ株式会社 本社 東京都新宿区、代表取締役社⻑ ⼩野寺達哉)では、2020年より、⽇本で販売する同ブランドのペットボトル製品すべてにおいて、「リサイクルプラスチック(rPET)」を10%使⽤いたします。

<2025 年までに、すべての商品で「リサイクルプラスチック」使⽤率 100%をめざす「エビアン®」の挑戦>

2018年1⽉、エビアン®は、2025年までに、すべてのペットボトル製品において「リサイクルプラスチック」(使⽤済みのペットボトルを再⽣して作られたプラスチック)使⽤率100%を⽬指すことを宣⾔いたしました。 この⽬標を達成するため、エビアン®は資源循環型の経済モデルを推進するイギリスのエレン・マッカーサー財団との協業を経て、⼤量調達→⼤量⽣産→⼤量販売→⼤量利⽤→⼤量廃棄といった「直線型」モデルから、リサイクル・再利⽤・再⽣産などにより資源の循環を図る「資源循環型」モデルへと移⾏します。この「資源循環型」モデルにおいては、すべてのボトルが「リサイクルプラスチック」を使⽤して製造され、「バージン・プラスチック」(新たな天然資源を投⼊して作ったプラスチック)を⼀切使⽤しません。これにより、潜在的に「ゴミ」となる可能性のあるプラスチックを、価値のある「資源」へと進化させることができます。
エビアン®では、ブランドの根底にある開拓者精神と、サステナビリティへの永続的な公約に基づき、プラスチック利⽤に関する諸問題に変⾰をもたらしたいと考えています。そして、グローバル・ブランドであることの影響⼒を活かし、こうした課題の解決に向けて、先導的な⽴場をとりながら、業界を横断した協業をはじめとして、パートナー企業とともにプラスチックに対する向き合い⽅を変化させていくことを⽬指しています。

<2020 年より⽇本でもエビアンのすべての PET 製品に「rPET」を 10%使⽤したペットボトルを導⼊>

現在、エビアン®で使⽤しているすべてのボトルは、「資源循環型モデル」に対応できるようデザインされており、100%リサイクル可能 です。また、グローバル平均で「リサイクルプラスチック」を25%使⽤(2019年時点)していますが、これは、2025年までに、すべての国 において「リサイクルプラスチック」使⽤率100%を⽬指すという⼤きな⽬標に向けてのひとつの通過点です。
こうした中で、2020年3⽉より、⽇本でも、エビアン®のすべてのペットボトル製品において「リサイクルプラスチック」素材を10%使⽤し たボトルを導⼊いたします。

▼「エビアン® サステナビリティ・ジャーニー」について

「エビアン® サステナビリティ・ジャーニー」には、Plastic (プラスチック)だけでなく、Water(⽔)、Carbon(カーボン)も含 まれています。 「Water(⽔)」では、ヨーロッパ基準に準拠した⽔質を永続的に保持することを⽬指した集⽔エリアの保全、これまで培 ってきたウォーター・リソース・マネジメントや保全のノウハウの提供などを実施中です。 ⼀⽅、「Carbon(カーボン)」については、2020年までに、100%「カーボン・ニュートラル」化を⽬指しています。「カーボ ン・ニュートラル」とは、⾃社の⼆酸化炭素排出量を把握し、その排出量を削減、削減しきれない残りの排出量については 他の場所での活動を通じて、⼆酸化炭素の総排出量をプラスマイナスゼロにすることを意味します。エビアン®が属するダノ ングループでは、グローバルでの炭素削減に向けての活動と並んで、2008年より、温室効果ガスの排出削減と途上国で の⽣活改善のためのプロジェクトに投資するLivelihoods Carbon Fund(⽣活炭素基⾦)とパートナーシップを結んで います。これにより、⽔に関連した⽣態系の保全・復元活動や、その⼟地のコミュニティとともに取り組みを進めることに加え、 植樹活動や温室効果ガス削減に向けての活動でも成果をおさめてきました。エビアン®は、ダノン・ブランドにおいて初めての カーボン・ニュートラル・ブランドとなることを⽬標にしています。また、エビアン®⼯場の中で唯⼀、フランスのエビアンレバンにあ る⼯場は、2017年からカーボン・ニュートラルを実現しています。

エレン・マッカーサー財団について

エレン・マッカーサー財団は、「資源循環型」の経済モデルを推進するために、2009 年に設⽴されたイギリスの登録慈善団体です。本財団では主に、「調査・分析」、「経済・⾏政」、「教育・トレーニング」、「全体統括」、「コミュニケーション」の 5 つの分野において取り組みを進めており、ナレッジパートナー(オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ、IDEO、マッキンゼー・アンド・カンパニー、SYSTEMIQ)との協業、ファンド(SUN)のサポートをもって、「資源循環型」モデルの経済的な影響を定量的に可視化し、その価値・利益を還元する取り組みを進めるために活動しています。
また、グローバルパートナー(ダノン、Google、H&M、インテーザ・サンパオロ、NIKE, Inc.、フィリップス、ルノー、ソルベー、ユニリーバ)や、サーキュラー・エコノミー100(CE100)のネットワーク(企業、⼤学、イノベーター、⾏政、関連組織を含む)とのコラボレーションを通じて、循環型経済を発展させるための能⼒向上にも尽⼒。これまでに、先進的な⼤学・教育機関等とともに循環型経済に関する教育・トレーニングを体系化し、「Disruptive Innovation Festival」などのオンラインイベントも開催。「New Plastics Economy構想」(プラスチック製品のライフサイクルを根本的に⾒直し、循環型の⽣産・消費を⽬指す構想)を確⽴するなど、グローバル視点で、業界や部⾨などの壁を越え、物質の採取〜廃棄までの流れに変化をもたらし、システムの変⾰に影響を与えることを⽬的とした活動も⾏っています。
エレン・マッカーサー財団では、調査レポートや事例集などを、Web 上や SNS を通じて発信することで、こうした循環型経済に関する考え⽅を広めています。また、公式サイトでは、サーキュラー・エコノミーに関する最新のニュースや調査などを紹介しています。

詳しくは、公式サイトをご覧ください。
https://www.ellenmacarthurfoundation.org/ / Twitter @circulareconomy ※英⽂